理学療法士国家試験受ける学生に向けて|ここが踏ん張りどころ、ここで頑張れば一生頑張れて、やっていける。

理学療法

どうも、kachanです。

以前にこんなツイートをしました。

今回はこれについて深掘りしていきます。

林修先生の動画『これは受験生に見てほしい』

林修 これは受験生に見てほしい

見たことある人もいると思いますが、

林修先生が受験ひと月前にカラらずする話があるそうです。

あとひと月だね。君らが頑張ろうと頑張らないと僕には関係ない。

でもね。

このひと月頑張れるか、頑張れないかが一生を決めるよ。

どういうことかというと
たくさんの受験生の中には、この4通りの人が出てきます。

ここで頑張って、合格した奴。

頑張ったけど、落ちた奴は別にいいんです。

俺はひと月は頑張れた。けどここまでの準備が足りなかったら落ちるからね。

問題はここ。

受かったけど、なんか最後のひと月頑張れなかった。

まぁまぁ受かったけど、
俺はひと月も頑張れない人間なのかって思って生きていかなきゃいけない。

そうなるかは君たちの自由だよって話すんです。

ひと月頑張れるってのはすごいこと

動画でも語られていますが、

1ヶ月頑張れる奴は、1年頑張れる

1年頑張れる奴は、10年頑張れる。

10年頑張れる奴は極端な話、一生頑張れる。

これを10代のときにやっておくことが大事。

それは勉強じゃなくてもいい、野球でも、仕事でもいい

10代の時に『俺はひと月は頑張れるぞ!』って自信を持って生きていくかどうか。

これは本当に共感します。

僕も理学療法士となるまでにたくさんの苦労をしてきました。

臨床実習や国家試験勉強と今までにないくらいしんどくて辛い日々を過ごしました。

詳しくはこちら↓

僕は専門学校までそんな努力をしてこなかったと思います。

確かに臨床実習と国家試験勉強は辛かったですが、
今思えば、自分の大きな支えになっています。

『ちゃんと自分は努力できる人間だ』

僕はちゃんと夢のために頑張れたな』

『あの時に比べたら、これくらい大したことない』

この自信は一生ものだと思います。

とにかく何か一つを究めれば、他のことも要領よく学べる

以前にこんなツイートもしました。

僕の場合だと理学療法だと思ってます。

究めたっていうほどではないですが、
副業で整体院を開業して、一回5千円、月20万稼ぐことができるくらいにはなれました。

そのおかげか、
こうして色々な事を勉強するときの考え方だったり、行動することができていると思います。

国家試験も同じだと思っています。

受かるためには、たくさんのことを暗記して、理解して、身につけないといけません。

僕はこの過程がすごく大事だと思います。

なぜなら、
国家試験を合格するための勉強ができれば、きっと他のことを勉強して身に着けるスキルを習得できるからです。

そして、それは一生ものです。

誰かに教わるでもなく自分で身に着けた知恵です。

この知恵はきっと違う事をやったときでも発揮してくれます。

理学療法の新しい技術や知識を身に着けるもよし、

まったく別の分野のことを学んで生かすもよし

この国家試験を頑張って勉強することは、一生役に立つのです。

最後に|何が何でも受験日ギリギリまで頑張ってほしい

この記事を読んでくれてるのが、あと何ヶ月かはわかりませんが

最後まで頑張ってほしいです。

辛いのはすごくわかります。僕も経験しましたから

けど、合格不合格にかかわらず、ここで頑張れば

  • 目標のために長期間頑張れる精神力
  • 勉強をして、知識を身に着ける自分なりの知恵

一生使えるスキルを手に入れることができます。

そして、『理学療法士になるという夢』をあきらめず、頑張ってほしいです。

今回はこれで以上になります。

次回もよろしくお願いします。