<病院・施設で困る問題>患者さんからの貰い物って、もらう?断る?→もらうほうが患者さんのためになる。

理学療法

どうも、kachanです。

以前こんなツイートをしました。

今回これについて深掘りしていきます。

臨床に出るとたくさん物をもらう

病院、施設を問わず、臨床に出ると理学療法士なんかの患者との距離が近い職業はたくさんの物をもらいます。

お菓子や手作りのもの、中にはお金なんかもあります。

職場によって『絶対もらっていけない』『お金以外はもらう』『病棟単位では頂く』などなど

ルールがあります。

基本にはそれに従っていればOKですが、僕個人の意見では

『絶対にもらったほうがいい』です。

その理由についてお話をします。

物をあげる=『ありがとう』

人に物をあげる という状況はどういうときに発生するでしょうか?

人に良く思ってもらいたい 賄賂として渡してひいきをしてもらうため かっこうをつけるため

色々あるでしょうが

患者さんのほとんどは 感謝の気持ちでくれています。

『いつもお世話になってるから』『怪我や病気をした自分を支えてくれているから』

なので、僕はこの気持ちに対して誠実に答えるなら
『もらう』以外の選択はありえないと思います。

もらうことで、患者さんが幸せになる

以前にこんな記事をかきました。

この記事の要約は

お金でできることは不幸というマイナスを消すことだけ

幸せになるためには、他人にお金を使うことが大事

一番成功する人もGiveする人だが、一番失敗する人もGiveする人

違いは自己犠牲Giveになっている人

成功するためにテイカーを見極めて除外していかなくてはいけない

その記事の中でこんなことも話しました。

『 Give出来る人が幸せになれる。ひとは与えられるより与える喜びのほうが大きい』

日本のことわざでもありますね

情けは人の為ならず

こうあるように、
誰かに何かしてあげることは自分のためになってる 

ということです。

つまりは、患者さんが僕らに物をあげることは患者さんの幸せにつながります。

<経験談>誰かに何かをあげる行為は認知症を改善できる

以前患者さんで認知症のおばあちゃんがいました。

その人は、毎日TVの前のソファーで寝ていてまったく動こうとせず、息子や娘さんの顔を忘れてる上、昼夜逆転の生活、夜中に外を徘徊するまで重度な人でした。

その患者さんが、僕らのようなお客さんが来ると

患者どうぞ、お茶です

とお茶とお菓子を毎回用意してくれます。基本的にこういうものは断るようになってるため、お断りをしていましたが何度言っても覚えてくれず毎回用意する始末。

これは困ったな」ということで、家族さんに事情を説明すると

家族できたら、このまま続けさせてください

と言われました。

話を聞くと、僕らが来るようになってから台所に立つようになったそうで、さらに前までは一切しなかった掃除までしだしたそうです。

今までとは打って変わってのその様子に家族さんは喜んでいるようで、このまま続けてほしいとの希望でした。

その後も家族の希望通り継続していきました。

結果的には、認知症は改善されていって、お茶菓子を自分で買いに行ったり、曜日感覚を取り戻したり、ちょっとしたお化粧をしだしたりとどんどん生活が変わっていきました。

そのおかげで、家の中で家事の手伝いをしてくれ、昼夜逆転になることも、夜中に徘徊することもなくなり、最終的には僕の介入は必要なくなって卒業になりました。

元々身体能力は高かったのもありますが、ここまで変わるとは思いもしませんでした。

たぶん、あそこでお茶を出してもらうことを断っていたら、今でもその人はTVの前のソファーで動かずどんどん弱っていたと思います。

でもお金はNG

回復期時代の話ですが、あるとき貰い物のなかにお金が入っていたことがあります。

もちろん上司と共に返しにいきましたが、

患者一度受け取ったものを返すとは失礼だ!!!

大激怒。

家族さんにも事の次第を説明しましたが、本人が納得しないからとそのまま受け取りました。

ですがそのあとのことです。

患者『俺はあんたに別料金で払ってるんだから、もっとリハビリやってくれ

こんな感じであげたお金のことをダシに色んなことを要求するようになっていきました。

もちろん、色んなひとの耳に入って問題に上がるほど発展しました。

もちろん、
この患者さんの性格の問題もあるでしょうが、お金は本当にややこしいことになります。

なので、この経験から『絶対お金は受け取らない』と決めています。

最後に

この問題については人それぞれの考えがあるので、これが正しいと言うつもりはありません。

基本的には、先ほども言った通り職場のルールに従うのが吉です。

ですが、患者さんがなぜ物をくれるのか?

そこをしっかり考えて、もらい方、断り方を考えてほしいと思います。

一応自分のところのルールでは

  • お金はNG
  • 介入のたびに用意されるものは基本断る→その人の負担になるから
  • たまに貰うものはOK→1度は断り、2度目で感謝の気持ちを述べながら頂く。
  • 頂いたら、次の介入のときにお礼と感想を言う

こんな感じですね。参考になれば幸いです。

今回はこれで以上になります。

次回もよろしくお願いします。