Androidの修理費用の後日談①

日記

どうも、kachanです。

前回の

の後日談です。

結局の修理費用はいったいいくら?

自分の場合は、画面交換でなく、「移植」という形で修理になりました。

簡単にいうと、中身の基盤はそのままで外装を交換することです。なぜそうなったかというと、古いもののため部品がなかったからです。

一応自分はモバイル保険 に入っていたため修理費はタダなのですが、

出された金額としては

修理着手金 10800円

基盤移植  20800円  です。

説明すると、着手金っていうのは契約金のようなもので一度払って後で返してもらえます。しかし、基盤を移植してすごい低確率で起こる故障になってしまった場合は取られてしまうというやつです。

つまり、

修理完了→20800円を払って、修理済のスマホ

修理失敗→10800円を払って、修理前のスマホを返してもらう という感じです。

失敗の可能性を聞いて、びくびくしてましたが、

お店「基盤移植ではめったに起こないので安心してください(笑)」

と言われました。

顔に出てたんでしょうね(笑)

ついでに、新品か中古か選べたのですが、初めは中古一択でしたが、失敗の場合の取られる金額が2000円程度しか差がなかったので、新品にしました。

一応中古を選んで、修理完了した場合は15000円くらいといっていました。まぁ5000円程度の差なら程度によりますけど新品のほうがよさそうですね。

あと、お店の人いわく、中古は水没したものだったり接続部が傷んでいたりしてダメなケースがあるようです。

一応、中古を選択しても、修理前に取り寄せた部品が大丈夫か見てくれてダメなら別の物を取り寄せてくれるみたいです。

でも、取り寄せに一週間ほどかかるので早く治したいなら新品、待ってでも5000円得にしたい人は中古を選ぶといいと思います。

とりあえず、あとはお取り寄せを待ってみる

お取り寄せは一週間ほどかかると言われました。場合によってはもう少しかかるみたいですが、届き次第連絡をくれるみたいです。

自分の場合は、画面は割れているけど動くのでそのまま使って来週くらいに治せらたらいいかなって思ってます。

一応、修理にかかる時間は1~2日ほどと言われました。平日は仕事にも使ってるのでできたら、金~日曜日の間で修理できたらなって思っています。

まとめ

  1. 新品基盤移植には20800円、中古基盤移植には15000円程度かかる。
  2. 失敗の場合は着手金の8000~10800円ほど取られる。
  3. お取り寄せに最低1週間、基盤移植には1~2日かかる。
  4. 保険に入っている人は「修理」一択だが、そうじゃない人は機種変更するほうがいい。

最後に

今後、進展がありましたらまたブログに書いていきます。

僕みたいによく画面を壊す人は、モバイル保険 もありだと思います。

モバイル保険

は登録可能な端末は色々あり、3台までOKです。

・スマホ
・タブレット
・ノートパソコン
・スマートウォッチ
・モバイル音楽プレイヤー(例:iPod、ウォークマン)
・携帯ゲーム機(例:Nintendo 3DS、PS4)
・モバイルルーター

mobile-hoken1

あと、詳しい支給される保険金についてはこちら

 修理可能な場合修理不能な場合
主端末
(1台)
最大100,000円登録端末の購入金額もしくは25,000円のいずれか低い金額
副端末
(2台まで)
2台合計で最大30,000円登録端末の購入金額もしくは7,500円のいずれか安い金額

費用は月700円、年間8400円です。

2年くらい壊さずに持ってられるような人はいりませんが、1年くらいでよく画面を割ったり、壊したりしてる人はこちらのほうがお得です。