理学療法士が一瞬で年収を上げる方法。”実録年収70万アップ”

理学療法

どうも、kachanです。

今日こんなツイートをしました。

今回はこれを深掘りしていきます。

<経験談>転職して仕事が楽になって、年収も上がった

回復期病院に勤めていた時の契約内容

年収:約380万

休み:4週8休制+特別休暇3日(合計107日)

労働時間:8時30分~17時00分(労働時間8時時間半 内1時間休憩)

訪問に転職した時の契約内容

年収:約450万+α(細かいインセンティブ有)

休み:土日祝日+12月31日~1月3日まで休み(合計120~130日)

労働時間:8時45分~17時45分(労働時間9時間 内1時間休憩)

圧倒的ですよね。

給料50万ほど上がって、年間休日が約20日増えました。

転職も別に苦労はしていません。

マイナビコメディカル

を使って2回目の面接で受かりました。

詳しく転職について書いた記事はこちら↓

まずは自分の市場価値を正しく理解する

10年目の先輩が5年目の僕より100万も少ない給料で働いている人がいます。

それを馬鹿にしたりしませんし、お金目的で会社に入ってる訳でないなら問題ないです。

ですが、

「給料が安い」

「全然昇給しない」

「ボーナス減った」

なんてお金の悩みをしてる人は一度でいいからやってほしいことがあります。

それは転職サイトを利用して、自分の価値を知ることです。

転職サイトを使った自分の価値を知る方法

まず言いたいのが、↑でも触れましたが、

転職サイトで就職することはあまりオススメしません。

理由としては、

企業側は採用した場合その人の年収の20~30%を払わないといけないからです。

その理由で採用を断られることもあるので転職サイトを通しての就職はおすすめしません。

なので、

①情報を仕入れること

②自分の市場価値を知ること

③どういう人材が需要があるか

この3点を知るために使いましょう。

情報を仕入れる

求人サイト見るのってしんどくないですか?

自分の条件にあったものを人に探して提案してもらうのが時間的効率がいいので

転職サイトを利用しましょう。

転職サイトに登録すると、電話がかかってきます。

そこで、自分の希望やいつ頃転職したいか、などなど色々聞かれます。

とりあえず、今の職場の状態を伝えましょう。

例えば、年収350万なら400万以上の所などです。

そうすると、こんな求人どうですか?

という感じで色々求人が送られてきます。

場合によっては、とあるオフィスビルに来て面談しましょう。

となります。

生で会った方が色々と質問ができますし、それぞれの会社の裏事情とかに詳しかったりするので

行くのもありですが、時間がない人は電話とメール対応だけでいいと思います。

自分の市場価値を知る

出してくれる求人は自分の言った条件のものもありますが、中には

ちょっと条件から離れますけど」っていう感じで持ってくるものもありますが、

できたら、そういうのも目を通しましょう。

そうすれば、自分の経験年数や年齢などのステータスから自分の年収を理解することができます。

そして、どういう分野が年収高くて、休みの数はどれくらいか、どこが福利厚生がいいかなど

たくさんの求人を見て今の状態での一番いい会社はどこかを知りましょう。

そして、実際に面接を受けて受かるか試してみるのがいいです。

転職する気がなくてもそうやって自分の市場価値を知っておくことは

今の企業に依存しなくてよくなるので気が楽になります。

定期的にやれば、経過がわかるので自分の価値を常に客観的に見ることができます。

どういう人材が需要あるか

これもぜひやってほしいのが、

400万と言ってたところを

500万以上だったらどんな求人があるんですか?

とか聞いてみましょう。

そういう求人は少なくなると思いますが、見せてもらって

今の自分では足りない部分というのを探しましょう。

年収500万以上出す企業はどういう人に出したいと思うのかを理解することができます。

そうすることで業界の需要を理解することができるので

何を勉強して、何を頑張ればいいのかが分かります。

なんならいっそ面接受けにいきましょう。

アポ取りでアウトになるかもですが、

なんでダメなのか」を聞けば自分に足りないものがわかりますし

面接受けて落ちても、「なんで落とされたか」を聞けば何に需要があるのかがわかります。

落ちて上等の面接なので気楽にできますし、

こうやって面接慣れをしておけば

いざ転職したくなった時、緊張しなくなって

自分の実力を発揮することができます。

転職が一番早いキャリアアップのコツである事実

motoさんの転職と副業のかけ算という本をご存じですか?

これは年収240万から転職と副業で年収5000万にキャリアップしたお話です。

ここから学べることはたくさんありますが、

ここで紹介されていた

年収=職種×業界

ようは業界で言えば、サービス業より商社のほうが年収高いよね

職種で言えば、営業より経営企画のほうが年収高いよね

ということです。

どの業界で、どの職種で働くかで年収は決まってしまうということです。

これを例えば理学療法士で当てはめると

急性期病院・老人保健施設<回復期病院<訪問リハビリ

国公立病院<私立病院

といったような感じですね。

お金第一の人なら、訪問が今は一番稼げます。

他にも休みや待遇面に関してもそれぞれでどう違うのかを理解すると

自分の最適解がわかると思います。

つまり、どの種類の職場を選ぶかでだいたい決まります。

なので、これらの分析するためにも転職サイトは使うべきです。

まとめ

  1. キャリアップするためには、転職が一番の最適解
  2. 転職する気がなくても、転職サイトを利用して自分の市場価値を常に知っておく
  3. 転職サイトを使って、「何に需要があるか」を常に情報を仕入れる
  4. 需要を理解して、それを身に着けるようにすればどんどん自分の価値は上がる(年収アップ)

最後に

転職に対して抵抗がある人が多いですが

今の世の中、昇給はほとんどしません。

長くいても給料は上がらないのです。

長く務めることは『昔』は正しかったです。

数か月で給料が1万、2万上がっていた時代の人からしたら転職に対していい印象はもちません。

けれど、今は違います。

どんどん転職するのが当たり前です。

常に自分の価値を理解して、

自分を売り込んでいける人にならないとこれからは給料はあがりません。

すぐに行動は難しいですが

給料上がらねぇ」と不満を言うだけでなく

転職サイトに登録して、求人を見るところから始めてもいいと思います。

これで以上になります。

次回もよろしくお願いします。