Androidの修理費用の後日談②~保険で基盤移植をする上での注意

日記

どうもkachanです。

以前にこんな記事を書きました。

以前の内容をざっくり説明すると

  1. アンドロイド修理を依頼、パーツがないため基盤移植になる。
  2. 新品基盤移植には20800円、中古基盤移植には15000円程度かかる。
  3. 失敗の場合は着手金の8000~10800円ほど取られる。
  4. お取り寄せに最低1週間、基盤移植には1~2日かかる。
  5. 保険に入っている人は「修理」一択だが、そうじゃない人は機種変更するほうお得。

これの後日談になります。

修理までは順調

依頼してから、一週間と経たずに機種到着し、すぐに修理可能となりました

自分が動けなかったのもありましたが、修理まで依頼してから7日間ほどです。

修理費用は20800円(税抜き)。

結局、新品にしました(笑)

理由としては店員さんにこんな風に言われたからです。

中古のものは以前にどういう使われ方をして、どういう経緯で販売されているかわからないから故障する可能性が高いですよ」

自分としては、はっきりいって故障されて保険おりません、失敗しても一部のお金払うなんて

最悪な状況は嫌なので

じゃあ・・・・新品でお願いしますm(__)m

となりました。

結果として、10時に依頼して終わったのが8時(笑)

店員「早かったら、2~3時間で終わるので」

といっていたのに・・・

怒りながらも、取りに行って

僕「思った以上に時間かかったみたいですけど、なにかありました?」

店員「申し訳ございません。いつも以上にお客様が多かったもので」

  「あと、壊さないように慎重に作業させてもらったら思った以上に時間がかかりました。」

これを言われたら仕方ない。

そんなけ大事に作業してくれた人に文句をいうのは、失礼だ。

とりあえず、時間はかかったものの修理完了。

新品のアンドロイドをゲットしました。

モバイル保険への申請のやり方

保険申請方法は簡単です。

必要書類は以下。

修理可能な場合(有償交換修理含む)

  • 1修理報告書
  • 2領収書またはレシート
  • 3故障状況を写した写真

修理不能な場合

  • 1修理不能と記載された報告書
  • 2故障状況を写した写真

モバイル保険ホームページ

マイページをクリック

ログインして保険金請求(ログインのID、パスワードは登録メールアドレスに送られています)

あとは順番に記入していってください。

正直に記入していけばいいですが、実は多少ズレや嘘があっても大丈夫です。

自分も実は覚えてないところは適当に埋めましたが、案外通りました。

まさかの保険下りない事態…!

申請をしてから数日たってから一通の封筒が届きました。

そこに書かれていたことは

今回のご請求につきましては下記の事由によりお支払い対象外とさせていただきます。

<事由>

損害を受けられた機器は事故発生時点に保険契約確認証に

記載されているご登録の機器と異なるため

つまりは、個体識別番号であるIMEIが登録している機器と請求したものと違うため

ということです。

本当に「まじかよ」って感じでした…

とりあえず、困ったらコールセンター

とりあえず、すぐにお客様相談窓口へ連絡。

僕「基盤移植でも保険は下りるって聞いたのに下りないのですが…」

オペレーター「申し訳ありません」

      「こちらで受けた書類からはIMEIが変わったことがわからないため」

      「お支払いはできません」

      「IMEIが変わったことがわかる書類の提出があればお支払いできますので

      「一度ショップさんにご依頼してみてください」

ということで、ショップに連絡しました。

店員「書類を出すことは可能ですが、修理した機種を持ってきてもらって」

  「確認の上での書類作成なので、スマホを持ってきてもらってもいいですか?

そんなわけでもう一回ショップにレッツゴー。

自分の修理済みスマホを持って行って、10~15分くらいで書いてもらえました。

もちろん、書類作成代は無料

店員「また何かあれば、すぐに言ってください。対応しますので

という神対応してくれました。

一応、店舗名はスマホホスピタルっていう所です。

スマホスピタル

前回もお世話になったところで、対応はめっちゃ良かったのでぜひ利用してみてください。

書類用意した後

もう一度コールセンターへ

オペレーター「書類作成できましたら、登録メールアドレスに返信用メールを送るので」

      「そちらに添付して返信してください」

そして、添付して返信。

ただいま、保険が下りるかの審議中です。

色々ありましたが

とりあえず、思ったことは

色々ありすぎですね(笑)

結構大変な思いをして修理してもらったので、

ぜひ基板移植で修理される方はこれにこの内容に気を付けて保険利用してください。

まとめ

  1. アンドロイド修理で保険ありなら修理、なしなら機種変更がいい→詳しくはこちら
  2. 基盤移植は新品修理か中古修理なら、値段なら中古だが、リスク的には新品がいい
  3. 基盤移植修理で保険利用するならIMEIが変わったことがわかる書類も一緒にもらう

最後に

最終的にはまだ保険が下りるところまでいってませんが、とりあえずほぼ確定だと思います。

また実際確定したら、この記事のところに更新させてもらいます。

また、僕みたいによく画面を壊す人は、モバイル保険 もありだと思います。

モバイル保険は登録可能な端末は色々あり、3台までOKです。

・スマホ
・タブレット
・ノートパソコン
・スマートウォッチ
・モバイル音楽プレイヤー(例:iPod、ウォークマン)
・携帯ゲーム機(例:Nintendo 3DS、PS4)
・モバイルルーター

mobile-hoken1

あと、詳しい支給される保険金についてはこちら

 修理可能な場合修理不能な場合
主端末
(1台)
最大100,000円登録端末の購入金額もしくは25,000円のいずれか低い金額
副端末
(2台まで)
2台合計で最大30,000円登録端末の購入金額もしくは7,500円のいずれか安い金額

費用は月700円、年間8400円です。

2年くらい壊さずに持ってられるような人はいりませんが、1年くらいでよく画面を割ったり、壊したりしてる人はこちらのほうがお得です。

では以上になります。

次回もよろしくお願いします。