<成功者の思考>本当のお金持ちは『倹約家』である

幸せになる在り方・考え方

どうも、kachanです。

以前こんなツイートをしました。

   

今回はこれを深掘りしていきます。

 

いくらお金を稼げるようになって、その分使っていたら意味がない

ツイートにあるように例えば、年収が500万→1000万に上がったとします。

 

これと同時に生活水準を上げていたら意味がないんです。

 

500万の内300万が生活費として使っていて、1000万に上がったからと600万と上げていたらダメなんです。ここで生活水準を一定にして、余剰金を年200万→年700万に上げることができれば、さらに投資をすることができます。

そして、それができれば、早くお金持ちになることができます。

それができなければ、お金持ちになる速度が落ちるばかりです。

 

時間を節約できないのに多くのお金を払うのは無駄

本当のお金持ちは『倹約家』です。

生活水準を下げ、価値あるものにだけお金を使います。

 

ビルゲイツのお話で

ビルゲイツは飛行機に乗る際にビジネスクラスやファーストクラスではなく、エコノミークラスを利用する。理由はエコノミーもビジネスも到着時刻は同じだから。というものだ。

時間を節約できないのに多くのお金を払うのは無駄というのが考え方らしい。

ビルゲイツがマイクロソフトの日本支社に来日。マイクロソフトの社員が、ビルゲイツ帰国のためのファーストクラスチケットを用意したら、「君たちは会社のお金を使ってこんな無駄遣いをするのか」とののしったと。

ビルゲイツは本当にビジネスクラスに乗らないのか  より引用
 

あのお金持ちで有名なビル・ゲイツでさえ、倹約しています。
何兆というお金をもってしても、お金を大切にしています。

 

他にも、有名な話で

ビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、そして日本の孫社長、3名ともが愛用しているクレジットカードが「アメリカン・エキスプレス・グリーンカード」というお話です。

 

アメックス・グリーンカードについてですが、
アメックスカードの中で最もグレードの低い一般カードです。

 

ランクの一覧は以下の通りです。↓

グレードカード名年会費
超最上級センチュリオンカード500,000円(税別)
入会金100万円(税別)
最上級プラチナカード130,000円(税別)
上級ゴールドカード初年度無料
29,000円(税別)
一般グリーンカード初年度無料
12,000円(税別)
 

この御三方は確実に超最上級の「アメックス・センチュリオンカード」を利用していても不思議ではないのですが、あえて「アメックス・グリーンカード」を利用しているみたいです。

 

理由としては 『コスパに優れているから』 だそうです。

 

詳しくは この記事をどうぞ→大富豪は一体どんなクレジットカードを持っているのか検証!

 

節約とケチは違う

以前にこんなツイートもしました。

   

ぼくの考えとして

『節約』とは
ムダや浪費を減らして無くしていくもの。
不必要なものを削り、支出を抑えること。

『ケチ』とは
必要な出費も削り、出し惜しむこと
お金のために時間を浪費したり、他人に迷惑をかけること

 

節約は目標のために貯めているイメージが強いですが、
ケチは人から『貧乏くさい』と思われたり
ただお金を集めて、他人には一切お金を使わないというイメージです。

あとこういうケチな人の思考として、

 

例えば、100円安い特売の卵を片道15分かけて買いに行く』ということをしています。

 

時間はお金よりも大切です。

どんなお金持ちでも僕らと同じ1日は24時間です。

これを浪費することはしてはいけません。

 

この例でいえば、片道15分…つまり往復30分かけて100円、つまり時給200円ですよ。
これほどコスパの悪いことはありません。

 

それなら、100円安く買うことをあきらめて、その30分で 収入を上げる、or 浪費や消費を下げる方法を考えたり、勉強するほうがいいと思いませんか?

 

なので、

時間とお金のバランスを考えて、限られた時間を有効に使うことが大切なことだと思います。

 

最後に

『節約なんて嫌だ』

『そんな貧乏くさいこと嫌』

『せっかく稼いだならどんどん生活の質も上げたい』

 

という人も一度考えてほしいと思います。

 

もちろん、お金持ちの定義が人それぞれ違うので、これがみんなに当てはまるとは思ってません。ですが、総資産のトップの人たちはみんな『倹約家』です。

 

この事実は、しっかり受け止めた上で、自分のことを考えてほしいと思います。

 

僕は

『倹約することを自然に考えれる』

『節約することが楽しくなれる』

ういう能力を身に着けることが一つの幸せになれる在り方

だと、思います。

 

今回はこれで以上になります。

次回もよろしくお願いします。