<幸せの在り方・考え方>なんでも楽しめる人は幸せですよ

幸せになる在り方・考え方

どうも、kachanです。

以前にこんな記事を書きました。

 
 

これの追記のようなものです。

 

僕の持論ですが、

『なんでも楽しめる人は幸せになれる』と思います。

 

どうせ嫌なことをしないといけないなら楽しむ工夫をする

以前こんなツイートをしました。

   

例えばですが、僕の仕事の考え方ってすごい気楽です。

 

会社にいれば、上司や社長にあれやれ、これやれ、と言われますが基本的に言うことを聞いています。中にはそれ僕の仕事じゃないですよねっていうのもたくさんありますが、自分はサラリーマンという立場で自分の労働時間をお金で買われているのだから基本的には割と何でもやります。

 

そのほうが楽ですし、一個一個言い合いしたり、考えたりするほうが疲れます。

 

もちろんサービス残業しろとか、明らかにプライぺートな内容とか、業務内容外だなっていうのはやんわり断ります。

 

こうやって基本的には従順に動いていれば、気に入られますし、ある程度忙しいほうが人によっては嫌いな仕事の時間を体感で早く終わらせることができます。

 

一応、仕事のかかえすぎには注意が必要です。仕事量をコントロールする方法については↓

 

に入られることも僕は大事だと思っています

 

真面目に従順に働いている子 と 言うこと聞かない文句たれの子

だったら、どっちのほうに何かしてあげたいって思いますか?
もちろん、それは、真面目に従順に働いている子です。

 

その何かといえば、もちろん昇給だったりボーナス、有給休暇の取得率などなど
自分にとってプラスのことばかりだと思いませんか?

 

同じ時間を拘束されるなら、真面目に働いて
いい評価もらった方が僕はいいと思います。

 

節約や倹約も楽しめば、幸せに豊かになることができる

一応ここからが本題です。

 

以前の記事の内容で節約や倹約をして、固定費を下げて、収入を上げて、投資をすることで
経済的に豊かになりましょうね という話をしました。

 

ですが、中には

 

『節約なんて嫌だ』

『そんな貧乏くさいこと嫌』

『せっかく稼いだならどんどん生活の質も上げたい』

 

という人もいるでしょう。

毎日楽しくお金をいっぱい使う人生も幸せな人生の楽しみ方だと思います。
ですが、それができるのは一体何%なのでしょうか?
はっきりいって、一握りじゃないかなって思っています。

 

そんな豪遊できるだけのお金を稼ぐ努力をするくらいなら、
節約して自由に使えるお金を増やすほうがはるかに早く誰でも幸せに豊かになれると思います。

 

楽しみ方の一つの例として携帯代の話をします。
僕は、昔スマホ代に6~7千円くらい使っていました。

今では楽天モバイルを使っています。

変えたことで値段は1680円になりました。一気に月4~5千円節約です。年間だと4万8千円~6万円の節約で、10年経てば5~60万節約です。

 

どうでしょうか?ちょっとワクワクしてきませんか?

 

僕はこうやって、この節約が何か月、何年、何十年と経てばいくらになると考え、節約や倹約の行動をより軽くしています。

 

ケチくさいとか思うかもしれませんが、変えたことで性能なんて何も変わっていません。
性能は変わらず、安く持てるなんて最高だと思っています。

 

僕はこうやって、節約や倹約というめんどくさいことも楽しくやっています。
そして、この細かい節約や倹約は最終的には豊かな暮らしに導いてくれます。

 

こうやって、幸せになるためやりたくないことでも楽しめるような方法や考え方を使えば、豊かな幸せな暮らしを手に入れるまでのルートも楽しく幸せに進むことができます。

 

僕はこれが『とてもお得だなって思います。

最後に

他にも例を挙げればたくさんありますが、

 

『嫌なことはそのままにせず、排除するか、工夫して楽しくできるようにする』

 

これが僕の基本的な考え方です。

この考え方を持っていれば、ただ文句を言うだけで何もしない人生を変えることができて、幸せに暮らすことができるんじゃないかなって思っています。

 

今回はこれで以上になります。

次回もよろしくお願いします。