<マインドセット>新しい事が恐ろしく簡単にできる5つの考え方

幸せになる在り方・考え方

どうも、kachanです。

以前にこんなツイートをしました。



今回はこれを深掘りしていきます。

他人の評価を気にしてたら行動なんてできない


人っていうのは、集団行動の生き物なので、
群れが右にいけば一緒に右に行き
みんなが左に行けば一緒に左に行きます。

これは仕方ないことだと思います。

特に日本人は怖いもの、分からないものから避けて生き残ってきた種族です。
あと、個が弱くても集としてであれば強くなることも知ってるからです。
なので、みんな集団に溶け込もうと自分を殺しています。

でも、その考えをやめないと一生後悔します。

以前の記事でも書きましたが、
死ぬときに一番後悔することは、『失敗したこと』でなく『行動しなかったこと』です。


幸せになるために敷かれたレールに沿って行くでなく、

『自分はどうしたいのか?』

『自分はどう在りたいのか?』


ということを常に考えて行動するほうが幸せになれると思います。

それでも他人の評価が気になる人に

他人の評価なんて気にしなくていいです。

もしも新しいことをしようとして

『それは儲からないよ』

そんなことやっても無駄だよ』

『そんなリスクのあることしないほうがいい』

などなど
自分の周りの人間は否定してきたら、この言葉を思い出しましょう。

『口先だけは、大学教授なみ でも行動は、盲人以下。』

アリババ創業者ジャック・マーの「貧乏マインドに奉仕するほど最悪なことはない。」の有名な言葉ですね。

アリババ創業者ジャック・マー「貧乏マインドに奉仕するほど最悪なことはない。」日本語字幕付き


大抵そうやって否定してくる人間はやったこともなければ、努力や行動を起こさない人達です。

『言い訳を熱弁してる暇があったら、 もっと素早く行動に移せばいい。』

これもその有名は言葉の一つです。
言い訳を考えてる暇があったら行動する方が成長できます。

僕は行動することを躊躇った時にこの言葉を思い出すようにしています。

すべての人を納得させることは不可能


↑前の記事でも書いた内容ですが、
すべての人を納得させることなんて不可能です。

↑は有名な画像です。


何をしても結局誰かからの批判は受けることは間違いないのです。
違いは、多いか少ないかの差だけです。

そして、多いから間違っていて、少ないから正しいなんてこともありません。

だって、みんなが進む批判が少ない道を進むのが正しいのであれば、こんなに将来に不安を抱えてる人が多いのはおかしいですよね。

なので、他人の批判に耳を傾けてそれに反応することは間違っています。

他人の考えをコントロールすることは難しいが、自分は変われる

例えば、スピーチをします。

それを聞いた人はこんな感想を持ちます。

良いスピーチだった or 悪いスピーチだった or 特に何を感じない

色々感想がありますが、他人の評価なんてコントロールできません。
もちろんテクニック的な問題や内容の問題で批判はあるでしょう。

ですが、それに反応して、
『もうやめる』って感じになっていてはダメです。

それを全員『良いスピーチだった』という風に変えることなんて誰にもできないのですから
批判なんて気にしてはいけません。

ちゃんと、コントロール『できること』『できないこと』を区別しましょう。

できることは、もっと知識を詰め込み、台本を綿密に作り、練習して上手になることです。
そうやって、頑張って行動していくことで成長できて幸せになれると思います。

承認欲求でした行動では幸せにはなれない

他人に褒められたから、尊敬されたいからと行動する人が多いですが
はっきりいって無意味です。

もちろん、褒められて伸びるということはありますが、
それがちゃんと機能しているのは

『自分がしたいことをした結果、それを称賛してくれること』

そうでなければ、いつの間にか人から褒められるために行動することになり、自分の目標とするところ、自分が目指す幸せから遠のいていってしまいます。

一生他人の目を気にして行動する人生なんて僕は絶対嫌です。だって、僕の人生は他人に決められたくないからです。

「やりたいこと」「やってみたいこと」を考えて行動するほうが僕は幸せになれると思います。

最後に

自分のやりたいことが見つからないという人がいると思います。
そういう人は以前書いた夢100個リストを作ってみるといいかもしれません。詳しくは↓


けっこう自分のやりたいことというのは自分でもわからないものです。
それを見つけて、自分の行動原理にするためにもやってみる価値はあると思います。

行動に移すことは難しいかもしれませんが、人生は自己満足でいいんですよ。
自分勝手にやりたいことをやって長い人生を楽しく過ごしていきましょう。

そのほうが、幸せな人生を歩めると僕は思います。

今回はこれで以上になります。

次回もよろしくお願いします。