理学療法

理学療法

理学療法士がAIの時代に向けて絶対に磨くべきスキル

理学療法士はAIの時代でなくなりはしませんが、多大な影響は与えることは確実です。そのテクノロジーの進化する中、セラピストが磨くべきことがあります。変わらない部分もありますが、患者さんのために変わらないといけない部分もあることをしっかり認識して行動するべきです。
理学療法

理学療法士は、「AI」とどう向き合うべきか?

理学療法士がAI時代に向けてどう向き合っていくべきか。AIに仕事が奪われていく時代、セラピストはどうするべきかの話。理学療法士はAIにできないことをやっていく必要があり、うまく共存していくことが大事。同じく作業療法士・言語聴覚士も考えていく必要があると思います。
理学療法

理学療法士の今後が不安

理学療法士の今後を考えたときに、不安・心配になった出来事の話。少子高齢化が進み、医療費・保険点数が下げられいるのに、年々増えていくセラピスト。理学療法士の専門性も失われつつあり、仕事が奪われていっていると感じます。
理学療法

理学療法士の学生のバイザー経験の話

理学療法士4年目のときのバイザー経験の話。まだ経験年数が未熟な上、人に教えるスキルもない僕。僕がとれる唯一の方法は、「学生に教えてもらうこと」でした。
理学療法

臨床実習で学生に必要なスキル

学生とバイザーの二つの経験から、臨床実習で学生にしてほしいこと・必要な能力の話。実習を経験する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の学生に対してバイザーとしてこれをしてくれてると嬉しいです。
理学療法

理学療法士の臨床実習は辛い

自分の実体験した理学療法士の臨床実習の話。今しんどい、つらいと思っている学生に向けて話をします。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のセラピストの方はみんな通ってきた道だと思います。
理学療法

理学療法士の臨床実習におすすめの本

理学療法士になるために一番辛い臨床実習。実体験をもとに実習で役に立った本を紹介します。僕が一番苦労したのは動作観察・分析。理学療法士、作業療法士の学生や動作観察ができない人におすすめの本です。
理学療法

理学療法士としての経緯

これまでの自分の経緯のお話。理学療法士になろうと思った理由。過去の自分を振り返って書いてみました。色々ありましたが、理学療法士になって良かったなと思います。
理学療法

患者さんをやる気にさせる方法<カーナビの法則>

リハビリを進めていく上で患者さんのやる気、モチベーションを維持させることは難しい。それを解決する誰でもできる一つのテクニックとして「カーナビの法則」がある。これもセラピストなら絶対知っておいた方がいいです。患者さんだけでなく、自分の評価・分析能力も高めることができます。
理学療法

理学療法士にとって一番大事なスキルについて

理学療法士にとって一番大事なスキルは「信頼関係を築く力」(ラポールの形成)。新人セラピストはぜひ習得すべき能力である。理学療法士以外の仕事(ビジネス)でも活用でき、プライベートでも使える7つのコツを教えます。