2019-08

日記

アンドロイドの画面割れは修理と機種変更だとどっちがお得?

アンドロイドの画面を割ってしまって、修理依頼をした時の話です。修理か機種変更かみんな悩むと思うので、どっちがお得だったか自分なりに考えてみました。
日記

通勤時間は無駄以外の何ものでもない

仕事で一番無駄なものは通勤時間だと思っています。毎日一時間近くかけて満員電車に揺られる。ストレスも溜まるし、生産性もありません。なので、ベストな解答は自宅勤務だと思います。そのために目的から必要なものを考え、今日あったできごとからとりえあず手をつけるところを決めます。
日記

Google アドセンスに通らない時に見ておくもの

アフィリエイトの代表ともいえるグーグルアドセンス。ちょっとした出来心で登録しました。結果は落ちたので今日一日で改善したことを報告します。
日記

ちょっとやりたいことを整理します

8月4日からこの8月26日までブログをやってきましたが、軌道修正をしたいと思います。ブログをなんとなくやっていたところから、自分のスキル、価値を磨いていくということからしたいと思います。そのため、このブログは自分の日記として付けていって考えをまとめたり、成長記録として書いていきたいと思います。一応毎日更新は継続します。
幸せになる在り方・考え方

ネガティブに反応しすぎ

世の中の人は何事にも不幸にとらえすぎている。感情のコントロールもできないまま、目的を見失っていることが多い。幸せになるためには、出来事をポジティブに受け止める考え方が必要。考え方が変われば行動も変わり、自分だけでなく周りの人も幸せにできます。
幸せになる在り方・考え方

正論だけでは生きていけない

理学療法士として仕事をしていると、理屈だけでは解決できない問題というのがたくさんある。感情に流されるのもよくないが、物事を考えるときに「何のために誰のために」やってるかを考えることが大事。これは日常でも大事な考え方で幸せになるためには、正しさより優しさを優先できる人になる必要がある。
幸せになる在り方・考え方

お金がある=幸せじゃないよ

お金があっても不幸な人はたくさんいる。なぜならお金自体は幸せにするものじゃないから。お金は不幸を解決・回避するための一つの手段でしかない。幸せになるには在り方・考え方が大事。そのためには、環境を変えていく必要がある。
理学療法

ちゃんと課題を分離できていますか?

アドラー心理学の「課題の分離」を訪問リハビリでの理学療法士の先生の話を元にお話しをします。セラピストは特に患者さんとの距離が近いため感情移入して何でもしてあげたくなりますが、しっかり自分の立場を把握して、自分が行うべき仕事を理解しておく必要があります。自分を守るためにも絶対持っておくほうがいい考え方です。
理学療法

理学療法における「介助」から得られること

介助というと「出来ないことを手伝ってあげる」というイメージが強いですが、理学療法ではそれ以上に得られることが多いです。このスキルは持っておくと理学療法の幅が広がります。その介助から得られることと介助を上手になる方法の話をします。
理学療法

理学療法士が動作観察・分析を極める5つの方法

学生のころみんな躓いた所である動作観察・分析。理学療法士にとってこれは極めるべきスキルの一つである。それを極めるために必要な考え方ややり方を5つ紹介します。