在り方

理学療法

理学療法だけでは人は治らない

「なんで治らないの?」という患者さんの疑問に対して、答えることは「理学療法だけでは治らないんですよ」です。本当に患者さんを治したいのであれば、多種多様な知識や技術が必要です。それを一人で担うことは不可能。リハビリはチームケア。色々な専門家が連携して一人の患者のためにやって、やっとできることです。
理学療法

理学療法士がAIの時代に向けて絶対に磨くべきスキル

理学療法士はAIの時代でなくなりはしませんが、多大な影響は与えることは確実です。そのテクノロジーの進化する中、セラピストが磨くべきことがあります。変わらない部分もありますが、患者さんのために変わらないといけない部分もあることをしっかり認識して行動するべきです。
理学療法

理学療法士は、「AI」とどう向き合うべきか?

理学療法士がAI時代に向けてどう向き合っていくべきか。AIに仕事が奪われていく時代、セラピストはどうするべきかの話。理学療法士はAIにできないことをやっていく必要があり、うまく共存していくことが大事。同じく作業療法士・言語聴覚士も考えていく必要があると思います。
幸せになる在り方・考え方

自分はなんのために生きているのか?

誰もが思ったことがある「自分はなんのためにいきているのか?」とわからない人に、「人生の目的」の見つけ方について誰でもできる方法を教えます。