実体験

幸せになる在り方・考え方

ネガティブに反応しすぎ

世の中の人は何事にも不幸にとらえすぎている。感情のコントロールもできないまま、目的を見失っていることが多い。幸せになるためには、出来事をポジティブに受け止める考え方が必要。考え方が変われば行動も変わり、自分だけでなく周りの人も幸せにできます。
幸せになる在り方・考え方

正論だけでは生きていけない

理学療法士として仕事をしていると、理屈だけでは解決できない問題というのがたくさんある。感情に流されるのもよくないが、物事を考えるときに「何のために誰のために」やってるかを考えることが大事。これは日常でも大事な考え方で幸せになるためには、正しさより優しさを優先できる人になる必要がある。
理学療法

理学療法士の学生のバイザー経験の話

理学療法士4年目のときのバイザー経験の話。まだ経験年数が未熟な上、人に教えるスキルもない僕。僕がとれる唯一の方法は、「学生に教えてもらうこと」でした。
理学療法

臨床実習で学生に必要なスキル

学生とバイザーの二つの経験から、臨床実習で学生にしてほしいこと・必要な能力の話。実習を経験する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の学生に対してバイザーとしてこれをしてくれてると嬉しいです。
理学療法

理学療法士の臨床実習は辛い

自分の実体験した理学療法士の臨床実習の話。今しんどい、つらいと思っている学生に向けて話をします。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のセラピストの方はみんな通ってきた道だと思います。
理学療法

理学療法士の臨床実習におすすめの本

理学療法士になるために一番辛い臨床実習。実体験をもとに実習で役に立った本を紹介します。僕が一番苦労したのは動作観察・分析。理学療法士、作業療法士の学生や動作観察ができない人におすすめの本です。
理学療法

理学療法士としての経緯

これまでの自分の経緯のお話。理学療法士になろうと思った理由。過去の自分を振り返って書いてみました。色々ありましたが、理学療法士になって良かったなと思います。