新人・学生にオススメ

理学療法

<理学療法士必見!!>学生のROMやMMTの猛練習って意味あるの?→臨床PTも知らない!?やらないと評価技術は落ちていく

臨床に出れば、ROMやMMTの測定をちゃんとやってる人っていうのはとても少ない。僕もその一人で、目測である程度分かるようになるからだ。けれど、特に学生の間はしっかり練習したほうがいい。そうしないと評価技術は定着せず、継続しないと能力は落ちていきますよ。
理学療法

<理学療法士の実習生・バイザー必見!!>臨床実習で動作観察に動画を撮るのはOK?NG?どっちなの?

僕が実習生のころは動画撮ることはNGなことが多かったですが、今になって動画は撮らせるべきだと思います。特にまったく能力が身についてない学生に動作を数回見せただけで、レポート書いてこいは酷ではないですか?個人的な意見ですが、動画を撮るメリットを知っていただいて学生の成長のために使っていただけたらと思います。
理学療法

<理学療法士の学生へ>自分に適した職場を見つける方法|就職先の決め方はたった2つのポイントでいいですよ

理学療法士の学生は就職先に困っていると思いますが、見るべきポイントはたった2つです。病院や施設、診療所などなど色々な職場があると思いますが、これから変わっていくセラピスト業界に柔軟に対応できなくてはいけません。そのためにも初めの職場というのは大事だと思っています。その職場選びを失敗しないためにも参考にしてください。
理学療法

<全国のセラピストへ>理学療法は好きだけど、それだけでは足りない|とにかく小さくてもいいから何か始めろ!

理学療法が好きと言う人はたくさんいるでしょうが、これからの世の中はそれだけでは不安がたくさんあります。それを解消するためにもなんでもいいから初めるべきだと思います。もちろん何かに挑戦すること、変えることはすごく怖いことです。ですが、今のまま何もせずいても良くなる保証はありません。小さくてもいいから何か初めてみませんか?
理学療法

僕が患者が良くなっても『勝手に治ってるだけ』と思う理由

患者さんが勝手に良くなってるだけと言う言葉はとても奥が深い言葉だと思います。そのままで受け取ると偏屈者のように感じるかもしれませんがこれは、戒めと慰めの言葉です。この言葉は理学療法としての在り方や考え方が詰まった言葉だと思います。
理学療法

<転職のメリット>職場を変えればフィジカル・メンタルが変わって、人生も変わる

『仕事が辛い・辞めたい』という感情はけっこうたくさんの人が抱えている問題。転職というのはとても決断力と行動力が必要なことで難しいことですが、それができれば人生においてたくさんの時間を使う仕事が楽で楽しくなって、きっと人生を大きく変えることができますよ。
理学療法

<新人理学療法士に向けて>しんどいのに会社で頑張り続ける必要なんてない辞めるリスクなんて低いんだから、続けるだけ不幸になるだけ

新人セラピストに向けて、仕事を辞める・転職する上でのリスクや不安を無くすお話をします。会社を辞めたいと思ったとき、色々なことを考えて辞めれないことがあります。けれど、そこで変に頑張って潰れてしまうことは人生棒に振っています。自分の幸せになるためにも転職する勇気も大事だと思います。
理学療法

理学療法士にオススメする訪問リハビリの良いところ

急性期病院や回復期病院、老人保健施設やクリニックなどなどたくさんの職場がある中で僕は訪問リハビリをオススメします。その理由は給料の良さだけではありません。約1年間働いてみて訪問リハビリの良い所・悪い所のお話をします。ぜひ新人・学生、現役セラピストみんなの参考になればと思います。
理学療法

<常勤理学療法士へ>ちゃんと危機感もってますか?何か始めないと取り残されて、取り返しのつかないことになりますよ

理学療法士の将来が明るくないことは分かってるはずだと思います。それに対して、危機感もって行動できていますか?何か初めてどうにかなる保証ありませんが、何もしないとどうにもならない保証はできます。とにかく行動すること。行動すればまた見えてくるものがあるから。
理学療法

マッサージなんてやめなさい|理学療法士はマッサージ師じゃない

マッサージばかりやってる理学療法士が目立っている。そのせいで患者さんもリハビリ=マッサージだと思われている。しかも、そんな姿を後輩たちが見てそれを真似ての悪循環。そんなでは理学療法の『根本的な解決能力』や『予防医療』の凄さや良さは伝わらない。正しい理学療法を提供することが今後の僕らの将来を明るくする方法だと思う。