転職

理学療法

理学療法士は今後生き残れるのか??→今後のセラピスト業界を予想、生き残る方法を解説

高齢者が増え、医療費の増加、これによっておこることは需要はあるけど診療報酬は下がってくるということ。ここから考えれば理学療法士の給料どころか立場まで危うくなってくることはわかる。これに対して何か行動はできていますか?何からすれば分からない人に向けて今後生き残る方法を解説します。
理学療法

<理学療法士の学生へ>自分に適した職場を見つける方法|就職先の決め方はたった2つのポイントでいいですよ

理学療法士の学生は就職先に困っていると思いますが、見るべきポイントはたった2つです。病院や施設、診療所などなど色々な職場があると思いますが、これから変わっていくセラピスト業界に柔軟に対応できなくてはいけません。そのためにも初めの職場というのは大事だと思っています。その職場選びを失敗しないためにも参考にしてください。
理学療法

<転職のメリット>職場を変えればフィジカル・メンタルが変わって、人生も変わる

『仕事が辛い・辞めたい』という感情はけっこうたくさんの人が抱えている問題。転職というのはとても決断力と行動力が必要なことで難しいことですが、それができれば人生においてたくさんの時間を使う仕事が楽で楽しくなって、きっと人生を大きく変えることができますよ。
理学療法

<新人理学療法士に向けて>しんどいのに会社で頑張り続ける必要なんてない辞めるリスクなんて低いんだから、続けるだけ不幸になるだけ

新人セラピストに向けて、仕事を辞める・転職する上でのリスクや不安を無くすお話をします。会社を辞めたいと思ったとき、色々なことを考えて辞めれないことがあります。けれど、そこで変に頑張って潰れてしまうことは人生棒に振っています。自分の幸せになるためにも転職する勇気も大事だと思います。
理学療法

理学療法士にオススメする訪問リハビリの良いところ

急性期病院や回復期病院、老人保健施設やクリニックなどなどたくさんの職場がある中で僕は訪問リハビリをオススメします。その理由は給料の良さだけではありません。約1年間働いてみて訪問リハビリの良い所・悪い所のお話をします。ぜひ新人・学生、現役セラピストみんなの参考になればと思います。
理学療法

【誰でも簡単】新人PTから最短4年で年収600万以上を稼ぐ方法

理学療法士の年収が下がってる今でも年収600万は誰でも可能。新人PTからでも最短4年で最小の努力で達成できる具体的な方法を教えます。お金がすべてではないが、セラピストにはちゃんと稼げる場所を見極めて、それから自分がしたいこととのバランスを見て職場を選んでほしいと思います。
理学療法

今後生き残れるためにも、セラピストは”営業力”を持つべき

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が今後生き残るためにも「自分を売り込む」スキルである営業力が必要。いくらいい能力を持っていてもそれを誰も知らない、表現できないと経済的価値はありません。価値を正しく理解してもらうためにも、それを伝える能力は必要。価値は人が求める数できまるのだから。
理学療法

理学療法士が一瞬で年収を上げる方法。”実録年収70万アップ”

理学療法士の年収が下がっている「今」、一瞬で年収を上げるには『転職』しかありません。これからは自分の市場価値を正しく理解して、需要を把握して、どんどん自分を売り込んでいかないとセラピストの年収は上がりません。
理学療法

<経験談>一年目の新人理学療法士には回復期をオススメする理由

回復期を4年間経験したことから、新卒の新人理学療法士は回復期へ行くことをオススメします。最初の3年間を回復期で学ぶことが一番早く技術や知識を身につけれると思います。就職先を悩んでる学生はぜひ回復期への就職を考えてみてください。
理学療法

理学療法士の転職・就職のとき、最低限気を付ける3つのポイント

就職だけでなく転職でも最低限見ておくべきポイントを自分の経験から解説します。他にもたくさんありますが、基準を知り、知識を身につけ、求人票に騙されないようにしていい職場を見つけてください。